補聴器 販売店 成城補聴器 フィッティングルーム 認定補聴器専門店
ごあいさつ
店舗紹介
フィッティングの流れ
取扱商品
アフターケア
ご家族様へ
福祉法
認定補聴器専門店
補聴器 Q&A
home
補聴器 Q&A 補聴器 Q&A

補聴器 Q&A
お客様からよく質問されることを並べてみました。
Q どの程度の難聴になったら補聴器を使った方がいいの?
A 少し悪くなった状態、すなわち軽度の難聴の段階で早めに使い始めるのがいいと思います。  
自覚症状としては次のようなことがあげられます。
対面での会話は聞こえるが、少し離れるとよく聞こえない、後ろから話されるとよく聞こえない。
何人かでの会話や会議で聞こえにくい。
講演会で内容がよく聞き取れない。
テレビでニュースのアナウンサーの言うことはよく聞こえるが、ドラマのセリフが聞きとれない。
テレビのボリュームを家族よりも大きくしないとよく聞こえない。
このような自覚症状を感じるようになってから1年以内で使い始められることが望ましいです。
あまりひどくなってからでは補聴器を使って聞くことへの適応が難しいです。

Q 補聴器を使ったらもっと耳が悪くなってしまうのでは?
A お耳にあった適正に調整された補聴器をお使いになる限り、そのようなことはありません。
実際、「補聴器なんか使ったらかえって耳が悪くなる」と思い込んで、ずっと補聴器を使わずに何年も頑張り通し、ついに高度難聴になって・・・もうこれ以上は無理という段階で補聴器を買いに来られる方がおられますが、もう時すでに遅しという場合が多いです。
補聴器を使い始めてから、補聴器をはずしたときの聞こえが以前よりも悪くなったように思うという方がおられますが、実際に聴力を測ってみると下がっていないことが多いです。
補聴器を使ってみて、それまでいかに自分が聞こえていなかったかを認識されるということだと思います。

Q 補聴器は両耳に使った方がいいの?
A 両耳の聴力が同じ位であれば、両耳に使われること(両耳装用)をお勧めします。
左右差があっても、それぞれに合わせた補聴器をお使いになれば片耳だけに使うよりはよく聞こえる場合が多いです。
両耳装用により音の方向感がわかりやすくなります。騒音下での聞き分けも片耳装用よりも改善されます。
かつて耳かけ型補聴器が主流であった時代は、見ための抵抗感が強く両耳装用の方は少なかったですが、最近では小型で目立たないオーダー補聴器を使われる方が増えるとともに両耳装用の方が増えています。当店では全体のお客様の半数近くが 両耳装用です。
ただし、ご予算の関係でまずは片耳だけに買われて、しばらくしてからもう片方の耳にもという方も多いです。

Q 補聴器は何年位使えるの?
A 機種にもよりますが最低5,6年は使っていただけると思います。
実際にはもっと長くお使いの方もおられます。
聴力が下がったら買い換えないといけないのかと聞かれることがありますが、余程の低下でない限り補聴器の調整を変えることによって対応できます。
聴力の変化とともに、耳穴の形状が少しずつ変化することもあります。補聴器の形が耳穴の形に合わなくなってきて音漏れが生じ、ピーピー音(ハウリング)が出ることがあります。
これについては、形の作り変えで対応することができます。

Q 補聴器の電池は1個で何日間使えるの?
A 補聴器の電池寿命は、機種によって異なります。
オーダーメイド耳あな型補聴器で最も小型のタイプ(スーパーミニカナール)は、やはり電池も最も小さい種類になるので寿命も短めで、約100時間前後、1日に10時間使ったとして10日前後です。
オーダーメイド耳あな型補聴器で中位の大きさのタイプ(カナール)は、電池も少し大きくなり寿命は約150〜200時間位、1日に10時間使ったとして15〜20日位です。
耳掛け形補聴器で比較的形状の大きなタイプは、電池も大きいのでそれだけ寿命も長く、約200〜300時間位、1日に10時間使ったとして20〜30日位です。
耳掛け形補聴器でも小型のタイプの電池寿命は150〜250時間位です。
オーダーメイド耳穴形補聴器と耳かけ形補聴器は空気電池を使います。
空気電池というのは、+面に貼ってあるシールを剥がして使いますが、一旦シールを剥がすと、補聴器を全然使わなくても、すなわちスイッチを切っていても少しずつ消耗します。
ですから、そんなに長く使っていないのにもう聞こえなくなったという方がおられますが、長期間放置している間に徐々に電池が消耗したと考えられます。

ポケット形補聴は空気電池ではなく、アルカリ・マンガン電池を使います。電池寿命は約150〜200時間位です。これについては基本的に使った時間分だけ消耗します。




Copyright (C)2003 FITTINGROOM All rights reserved.